2007年05月16日

美味しいコーヒーの入れ方

美味しいコーヒーを入れる方法というのはいくつか
存在していますが、なんといっても方法以前に豆や道具、
時間にこだわることは欠かせません。

実はそれだけで、かなりおいしいコーヒーが飲めます。
自宅にある道具で簡単に楽しめる、美味しいコーヒーの
入れ方いろいろを紹介しましょう。

ブラックコーヒーは、ミルクやクリームを入れないで
コーヒー本来の味が楽しめます。本来コーヒーとは
苦味を楽しむものですから、いつもとはいいませんが、
ブラックは飲めるようにしておきたいものです。

こだわった豆を味わう場合は、ブラックがお勧めです。
なぜなら一番豆を直接味わえるのがブラックだからです。

フレーバーコーヒーは、バニラやナッツ、果物などの
味や香りをつけます。
カップに砂糖と、ココアやウィスキーなどお好みの
フレーバーを少し入れ、コーヒーを注ぐとできあがりです。

トルココーヒーは、濃くて苦いトルコ風のコーヒーです。
水にコーヒー粉と砂糖、シナモンやスパイスなどを入れ、
弱火で沸騰寸前まで温めて、うわずみをのみます。

ダッチコーヒーは、オランダ風の水出しコーヒーで、
コーヒー特有の苦味ではなく、甘みが生きるまろやかさが
あります。ちょっと変わったコーヒーですね。

深煎りコーヒー粉をパックに入れ、麦茶を作る要領で
冷水ポットに水と共に入れ、冷蔵庫で3日ほど抽出します。

お気に入りの美味しいコーヒーの入れ方は見つかりましたか。
コーヒーの入れ方もコーヒー豆の特性によって、いろいろと
変わってきます。こういった入れ方をいろいろと調べることも
コーヒーを知る上で大事ですし、何よりも楽しいですよね。

思いついたら、ふくよかな香りにつつまれて、ほっと一杯
飲んでみたいですね。

ラベル:コーヒー
posted by omame at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 入れ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。