2007年05月16日

コーヒーメーカーとは

コーヒーメーカーとは、コーヒー粉と水をセットすれば、
ポットにコーヒーが出来上がるという便利な機械です。
昔は全て手動で、手間をかけてやっていた工程を自動化
したのが、コーヒーメーカーです。

おいしいコーヒーにこだわろうと思うほど、しっかりした
機能のコーヒーメーカーが欲しくなり、その分お値段も
高くなるというある意味、贅沢な機械です。

しかし、本当においしいコーヒーを飲みたいと思っている
人にとっては、あまり値段は関係ないのかもしれませんね。
なぜなら目的はおいしいコーヒーを飲むことだからです。

お湯を沸かしてセットされたドリップに向けてとぽとぽ
注ぐタイプのコーヒーメーカーが一番安く、ドンキホーテなどの
家電量販店に行けば1000円前後で手に入ることもあります。

では、こういった大量生産されたようなコーヒーメーカー
作ったコーヒーのお味はどうでしょうか。

コーヒー粉は、新鮮なほど炭酸ガスをたくさん含んでいて、
最初に少量のお湯で蒸らすことで粉全体にお湯が行きわたり、
うまみの成分が溶け出してきます。

蒸らし機能がついていないコーヒーメーカーを使うと、
何か味に不足感があるような、いわゆる不味いコーヒーが
できてしまうのは、このあたりに理由があるようです。

安いコーヒーメーカーでも、お湯が注がれた瞬間に一度
スイッチを止め、蒸らしてから再開させることで蒸らすことも
できますが、お湯がとぽとぽ注がれるうちに、最後のほうに
抽出されるコーヒーは渋みとえぐみが強いものになってしまいます。

水を人数の半分くらいでセットし、できあがったものを
お湯で割るほうがおいしいこともあるようです。

完璧な味を追求しなければ、安いコーヒーメーカーでも
なんとかおいしいコーヒーをいれられそうです。ただし、
ちょっと手間もかかりそうですけどね。
posted by omame at 22:54| Comment(33) | TrackBack(5) | コーヒーメーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。